【swift】UIKitとは【import】

記録

アプリ開発を始めるにあたり、
swiftの文法を色々理解する必要があります。

今回は、
「UIKit」についてです。

「import」とは

「import」から始まるプログラムを「インポート」と呼ばれる機能の事です。

これは、事前に用意されているフレームワークを、
Swiftの中で使用できるようにするためのプログラムです。

「UIKit」フレームワークとは

 iPhoneアプリの画面をレイアウトしたり、
管理したりするためのクラスが、
「UIKit」フレームワークに入っています。

その為「ViewController.swift」では、
「import」を使ってUIKitフレームワークを利用できる様にしています。

基本的なレイアウトをする為に必要なフレームワークという事ですね

コメント